ペット保険に入るべき3つの理由

ペット保険に入るべき理由の一つ目は、ペットの長寿化です。

1980年頃の犬猫の寿命は3〜4歳だったのが、現在は13〜14歳にまで長寿化しています。
ペットが長生きすればするほど、怪我や病気をするリスクは高まり、動物病院を受信する回数も必然的に増えます。
長寿化だけが理由ではありませんが、1年間の動物病院の利用率は9割以上となっています。

二つ目の理由は医療費の増加です。
1999年の世帯当たりのペットに掛かる医療費は平均3,504円でした。これが2009年では6,240円まで増えているのです。
これはペット医療の進歩などによるもので、最近ではペットに対する健康診断や手術なども増加しています。
手術の場合、10万円以上がほとんどで高額な例では200万円を超えるケースもあります。

三つ目の理由はペットの存在感が大きくなっているということです。
最近のペットはペットではなく家族の一員となりつつあります。食事なども人間と同じものを食べたりするケースも多く、そのことが原因で病気を発症することもあるようです。

また、家族であれば命とお金を天秤にかけるようなことは出来ないのが普通です。
助けられる命は助けたいと思うのが人情です。そのような時に、お金のことを気にせず治療を受けられるのがペット保険なのです。

これらの理由からペットを飼うならペット保険に加入した方が安心であると考えられます。愛媛県行ってみない?